« 夕焼けの詩ー2 | トップページ | 結婚物語(女の再婚) »

2006年1月31日 (火)

マリアージュについて:サポーターNの間の手

仲人達人さま、ブログ開設おめでとうございます。いつもお世話になっております。サポーターである私N、ちょっと寄ったついでに、与太話を書かせていただきます。

フランスで飲むワインは旨い、イタリアで食べるパスタは美味しい。よく言われるし、自分でもそう実感します。本場だから当然だ、そう言う以上に、あの空気というか、環境や食材の適合性があるのではないかと思います。

ワインと料理の組合せはマリアージュ(結婚)と呼ばれ、最近は特に注目されます。料理にあわせるワインを思いつかないとき、おなじ地方で作られたワインをあわせると、あまりひどい失敗はしにくいことを、ときどき聞きます。

こう考えると、仲人達人さんのお仕事はソムリエさんの仕事に似てますね。独特の個性あるワインを評する言葉がみつからず、あ、こりゃあの女性のイメージみたいだ、なんて、ほくそ笑んでしまいそうです。でも、最上級のワインは、マリアージュが大変です。しょぼい料理はワインに負けて足を引っ張り出しますし、主張しすぎる料理なら喧嘩となります。そういうワインは結局、パンとチーズだけで飲むことになりがちです。

さて、ここで、ワイン通の皆様のために、簡単なクイズです。このエチケット、ワインの銘柄は何でしょう。

Conti

見事わかられた方は、ぜひ一本持って、ブライダル茅ヶ崎へ遊びにおいで下さい。パンとチーズを用意しておきますので、みんなで楽しく飲みましょう。貴重なワインの御提供ありがとうございます。

という、すべりがちな冗談で、ブログ開設記念の御挨拶とさせていただきます。

茅ヶ崎のハワイアンポップスバンド、レンダースの曲をBGMに、またお会いしましょう。

|

« 夕焼けの詩ー2 | トップページ | 結婚物語(女の再婚) »

コメント

自分の記事にコメントしてるようでは、自作自演と揶揄されそうですが、一応、クイズの答えをここに置いておきます。

答えは、「ロマネ・コンティ」です。

エチケットの中に、その年に生産されたボトルの数が書いてあります。わずか5千本強。ヴォーヌ・ロマネ村で、この少量生産のアペラシオンといえば、この銘柄がすぐに思い浮かべられるでしょうか。

投稿: サポーターN | 2006年2月 7日 (火) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34632/565645

この記事へのトラックバック一覧です: マリアージュについて:サポーターNの間の手:

» 和とハワイアンのマリアージュ [レンダース公式ブログ]
歴史と文化の香りたゆたふ、茅ヶ崎館にて、花火大会ライブ、昨年の模様です。日本庭 [続きを読む]

受信: 2006年2月 3日 (金) 09時20分

» 地産地消と美食とロハスの微妙な関係 [ロハステーション]
春の訪れとととに、箱根のオーベルジュ・オー・ミラドーにてコース料理を楽しんだ際、もっとも強く印象に残ったは、肉でも魚でもなく、地物の野菜スープの、最初の一口で驚くほどの美味しさだった。 昨今、湘南の地でも、地産地消が提唱される。住む人、環境、そこで取れる食材の3者の相性の良さが根拠のはずだが、傑出した食材が揃うわけでもない首都圏ベッドタウンのわが街においては、周辺市域で出荷→築地→湘南、という無駄な輸送コストを節約する経済的利益が重視されているようにも感じられる。 一方、前述のオー・ミラド... [続きを読む]

受信: 2006年2月 3日 (金) 12時45分

« 夕焼けの詩ー2 | トップページ | 結婚物語(女の再婚) »