« 結婚物語(美しい瞳ー2) | トップページ | お見合い達人~準備、話題編~ »

2006年2月 6日 (月)

結婚物語(美しい瞳ー3)

彼女と出会って40日間が過ぎ、二人は何年も付き合っている恋人同士のように溶け合い、信頼し合って誰の目にも夫婦に見えるだろうが、実はまだプロポーズをしていない。そのことで、いつ、どこで、何と言おうか悩んでいたが、次の土曜日に決行を・・・・・。

冬の柔らかい日差しをフロントガラスに受けながら、134号線を鎌倉方向に走り、江ノ島、七里ヶ浜を抜け稲村ヶ崎へ。峠の手前の左側レストラン「MAIN」でコーヒーを飲むが、いつもと違う態度に「どうしたの」と聞かれ「んんん・・・・」と「海に行ってみよう」と誘い、道路を横切り砂浜に降りた。Syounan_2

午後5時、夕陽は水平線に沈みかけ、茜色に染まった空が海面に映り銀色の波が寄せてくる。手に汗が滲むくらい固く握った手を引き寄せ「君に逢った瞬間から、僕は君に惚れてしまった。死ぬまで君と一緒にいたい」と告げると大きく頷いた彼女の瞳は優しく笑っていた。

湘南の風も優しく二人を包んでくれた・・・・・・(おわり)

|

« 結婚物語(美しい瞳ー2) | トップページ | お見合い達人~準備、話題編~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34632/627207

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚物語(美しい瞳ー3) :

« 結婚物語(美しい瞳ー2) | トップページ | お見合い達人~準備、話題編~ »