« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

スイミング

 僕は週4回か5回スポーツジムに泳ぎに行っている、

 それが僕の体力維持方法である。

 水の中で無心で泳ぐとき、僕の好きな時間でもある。

 泳いだ後、サウナで汗を流すと気持ちいい

 でも、時には、流しきれない感情がある。・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月30日 (水)

美味しい水

 高校時代甲子園目指して練習に励んだ

 授業が終わると、星の出るまで練習した

 練習が終わると、駆け込んで井戸水に殺到した

 水道水より冷たくて美味しい

 腹いっぱい飲み込んだ 世界一美味しい水を

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

進路

Portrait_2 今,早実斉藤選手の進路について、進学、プロ入り等騒がれているが、僕は投手の場合、今彼は完成近いから、プロに入るべきだと思う。大学4年で投げすぎるから、契約できるとき条件がよければ今プロ入りすべきだと思う。ちなみに江川は大学で投げすぎたと思う。・・・・・

← これは若かりし頃の私

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

お見合いこぼれ話

 34歳の女性です。お見合いする男性は、36歳で横浜に住む会社員。彼は部屋に入るときもノックなし、挨拶もなしただ頭を下げるだけでした。紹介が始まり、会話になっても自分から話して来ない、こちらが質問しても「ハイ」だけで疲れました。さようなら。・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月26日 (土)

肉親の絆

 放火が多発する昨今、親を困らせるが、兄弟にもおよび、悲惨な事故に拡大している。肉親の「絆」は希薄になっているのだろうか。豊かさに恵まれて精神は荒廃したのでしょうか。・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

夢-----------------------------------------------------------------

 青春とはある期間を言うのではなく

 心の持ち方である

 常に清新さと夢を抱けば

 たとえ70歳でも青春と言える

 だから 夢を持ち続けることが 青春である

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

 熱闘甲子園では、チームの絆を再確認した。

 親子の絆。友人の絆。選手の絆等が薄れ行く中で、爽やかであった。

 私達は多くの絆をこれから大切にして、生きて行かなければならない。・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

戦い終えて

 フアンもマスコミも早実の斉籐君に注目するけど、あれでは他のメンバーが可愛そう。取材の方法を少し考えてやっては如何でしょうか。・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

熱闘甲子園

           おめでとう   早実

 手に汗を握る、緊張した決勝戦を2回観戦できてよかった。

両軍の選手に惜しみない拍手を送りたい。中でも斉藤投手は、体力・技術、精神力、いずれも素晴らしい。しかし見落としてはならないのが、補手の白川君のリードとキャッチング。あのスライダーのワンバンドをすべて捕らえていた。だから斉藤君は思い切って投げられた。目立たないけれど、影の功労者である。ありがとう。・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

熱闘甲子園

 昨日の決勝選は、乱打戦ではなく、投手戦で緊張感があり熱戦でした。私達もう一度見れるので有難い。両チーム悔いの無いように頑張ってください。・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

観察

①}ほれている

2}少しほれている

3}よくわからない

  上記3人の相手がいるとすると①}はほれているからあまり冷静に観察できない。だから結果的には2)と3)のほうが同居後も上手くいく場合が、何故なら、

①}は同居してから知らない部分が見えてきた。

2}と3}は同居前に観察している場合が多い。

恋愛結婚は1)が圧倒的に多い。同居前によく観察してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

熱闘甲子園

 今年の高校野球は激戦が続く。だからテレビを見ていても離れられない。逆転劇でのホームランも多発。私達の時代は、木製のバットにヘルメットなしであった。・・・・・・・・

 体力の向上、技術の向上があるが、それだけではない、表現力をあらわにして立ち向かう、それが今風の選手だ。・・・・

 負けたチームにも心から声援を送りたい。・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

思いやり

 汗

 夏の夜、交際中の二人は熱海の「花火」を見学に行きました。車は混み合うので電車で行きました。熱海駅から海岸までは,下り坂を手を繋いで心地よく行きました。砂浜で仰ぐ花火も豪華で感動しました。帰り道は駅までの上り坂が大変で、汗が噴き出すぐらい。途中で彼女は彼を物陰で、上半身を裸にしてタオルを取り出し、滴る汗をタオルでぬぐってあげました。以来二人は急接近して婚約しました。・・・・・・

            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

思いやり

  

        お店の予約

 Tさん64歳とAさん58歳がお見合いをしました。二人とも伴侶を癌で亡くし看取りました。双方の紹介があり、家族構成やその他の一般的な会話の後、『どこかでお食事でも』と言うと男性は『好き嫌いはありますか」と言うと、携帯電話を取り出し「Tです30分後に二人で伺います」とお店に連絡しました。

 普通、「どこに行きます」から「何食べます」が多いなかで、予め考えた計画がとてもスマートで女性に喜ばれた「思いやり」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

終戦記念日

61年前、私は小学2年生。村長さん宅に集まり、敗戦を聞きました。不安はありましたが、岩国市は基地があり、広島も近いこともあり、毎日のように戦争の影響を受けました。しかし、貧しい時代でしたが、みんなが懸命に生きた時代でした。

 豊かさに恵まれた今日、精神は荒廃したのでしょうか。・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

折鶴らん

 折り鶴らんを最初に買ったのが30年前。それから子供を育てて増やしてきた。その繁殖力の強さには叶わない。少子化が危惧されている現状から見ればうらやましい。戦後貧しい生活環境の中で、兄弟が沢山いた時代。それなりの兄弟愛や人への思いやりが培われてきた。今、親子での犯罪が多発している中で、「人間愛」や「思いやり」を大切にして欲しい。・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

熱闘甲子園

 甲子園での試合を、連日テレビ観戦しています。若い魂を精一杯むき出しにしている選手達に拍手を送っている。それでも健闘しながら、敗戦したチームにも暖かい声援を向けている。昔、僕にも同様の経験があるから。・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

映画

 僕の青春時代(昭和30年代)の娯楽は映画であった。僕は洋画の西部劇や時代スペクタルが好きであったが、青春もので女性が集まりそうな映画にも行っていた。映画館はいつも満員で席を取るのが大変だった。僕がベストを着るのが好きなのは、西部劇の影響を受けている。・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

幸福の木

 相談所を開設するとき、友人から3鉢の「幸福の木》を頂いた。3年目ごろつぼみが出て、花が咲いた。白い花で夕方から朝まで咲く花で、甘い香りが漂い、19年間で5回ぐらい咲きました。連続性はなくいつ咲くか分からない。咲けば『幸福の花」で嬉しい。今度はいつ咲くのだろう。今年は咲かないだろうか。・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

ラブレター(2)

 投函してから返事を待ちました。今日か今日かと待ちました。1週間して待望の返事が来たのです。

 「私もあなたの事は知っています」「お友達になれれば」と。

 私は嬉しくて何度も何度も読みました。封筒が汚れて、破れるほど繰り返して読みました。生まれて初めての女性からの手紙が嬉しくて。・・・・・・・・・・

 そして交際することになりました。今回のラブレターのお陰で、文章を書くことが好きになり、私の人生で初めて潜在能力を発見しました。後に大変役立ちました。・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

ラブレター

高校3年(昭和30年}秋、僕は初めてラブレターを出しました。当時はまだ電話が各家庭に普及していなく、思いを伝える手段は手紙しかありませんでした。しかし私は作文が苦手で、手紙を書く前に、沢山本を読んで勉強した結果、文章を書くことが好き。になりました。

 「僕の思いは池に小石を投げ、波紋が広がるように大きくなってゆきました」・・・・さて投函して返事を待ちました。どうなるでしょう。・・・・・・(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

初恋

        初恋は清らかで儚い

 何年か前、小学校時代の同窓会の案内が来ました。僕の好きだった(初恋)彼女は名簿を見ると奈良に住んでいる。勇気を出して電話してみた。「アキコさんですか」に「ハイそうです」「茅ヶ崎のマツダです」に咄嗟に「クニちゃん」と僕の名前を言ってくれたことが嬉しい。あれから何度か電話で話をしたが、何故か直ぐに逢いたいとは思わない。お互いに69歳。僕にはお下げ髪の彼女が、胸の中に居るんだ。・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

甲子園

 昭和30年、僕は山口県代表として甲子園に出場した。当時は広島県と予選を争ったので、今より大変だったが、僕の何よりの「心の宝物」だ。僕は今69歳、あの時代の甲子園への憧れと、出場までの過程と達成感を今も忘れない。今年の出場選手諸君、大いに頑張れ。・・・・・・・・・・・ Photo_10

                  (当時の5番打者より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

結婚物語(おとこらしさー4)

 彼と交際始めてから四十日が過ぎた時、ホテルで夕食を約束していました。何故かいつもの彼と違う。少しよそよそしい。でも目は真剣である。

 「今日は君にプレゼントがある」といって小さな小箱を渡してくれました。「ありがとう」といって開けて見ると指輪でした。『それは婚約指輪です』といい『僕と結婚してください」『初めて君と逢ってから君が好きになり」『今は君のことで胸が一杯だ」「これからずっと一緒にいてください」と涙を瞼に溜めながら言いました。私は言葉にならなく、ただ大きく頷くだけでした。・・:・・・・・              (おわり)

               

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月 3日 (木)

結婚物語(男らしさー3)

 山下公園でベンチに座って暫く語り合いました。私は少女時代から現代までを語るとき、さまざまな表情で目を輝かせながら、悲しい思い出、楽しい時代などを語りました。彼も故郷の思い出を、そして青春時代を楽しく語りました。・・・・・・

 再び汽車道に戻った頃は陽が沈み、観覧車の円形大きなネオンが光り、高層ビルの窓明かりが妖しく灯る。汽車道はムード音楽が流れて私達を誘う。・・・・・・

 夜空には無数の星が煌き、私達を見守ってくれる。私は心の中で手を合わせて祈りました。「どうぞ、二人の愛を結んでください」。・・・・・・・・・・・・流れ星が一つ飛んでゆく。・・・・・

                                (つづく)

 あなたは「結婚」について、相談できる人がいますか。」  

 どうぞ、お気軽にお訪ね下さい。                                 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

結婚物語(男らしさ)

 お見合い後、初めてのデートは横浜の「みなとみらい」。桜木町駅で待ち合わせて、手を繋いで汽車道まで歩く。汽車道から左を眺めると、大きな円形の観覧車の背景に、コンチネンタル、パシフイック、ランドマーク等高層ビルが並立する。素敵な景色でした。山下公園目指して歩く。少し熱さを感じるけど、時々浜風が吹き抜けて心地よい。左に赤レンガを眺めて公園までは距離があるけど、手の温もりのよさがそれをカバーして余りある。以前このコースを歩いたときは、人に見られるのが恥ずかしい気持ちがあったkれれど、今日は全然平気。胸を張って少しでも多くの人に見て欲しい気持ちでした。

 山下公園は若いカップルが多く、それぞれの表情が生きている。私達も「そうかな」。他人から見れば「どんな関係にみえるのかな」と思ったりしました。・・・・・・・(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

結婚物語(男らしさー1)

 31歳の女性です。今日3回目のお見合いです。お相手は34歳の横浜に住む男性です。私と同じテニスが趣味の男性です。お見合い時間設定の10分前に来て、歯切れの良い挨拶と、日焼けした健康的で精悍な顔が印象的です。

 私が今まで交際した男性はいるのですが、みんな優しいのですが、物足りなさを感じるのです。それは優しさは大切ですが、私が満足できないのは「男らしさ」が足りないからだと思います。ある男性は「どこに行くの」から始まって、「何食べる」まで気を使ってくれるのは分かるのですが、全て自分で決められないのです。その点今日の男性は、お見合いが終わった後、次に行くお店を少し早めに来て、見つけてくれていました。気配りとルックスも気に入っているのです。・・・・・・         (つづく)

  あなたは「結婚」について、相談できる人がいますか。

  どうぞ、お気軽にお訪ね下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »