2006年1月31日 (火)

マリアージュについて:サポーターNの間の手

仲人達人さま、ブログ開設おめでとうございます。いつもお世話になっております。サポーターである私N、ちょっと寄ったついでに、与太話を書かせていただきます。

フランスで飲むワインは旨い、イタリアで食べるパスタは美味しい。よく言われるし、自分でもそう実感します。本場だから当然だ、そう言う以上に、あの空気というか、環境や食材の適合性があるのではないかと思います。

ワインと料理の組合せはマリアージュ(結婚)と呼ばれ、最近は特に注目されます。料理にあわせるワインを思いつかないとき、おなじ地方で作られたワインをあわせると、あまりひどい失敗はしにくいことを、ときどき聞きます。

こう考えると、仲人達人さんのお仕事はソムリエさんの仕事に似てますね。独特の個性あるワインを評する言葉がみつからず、あ、こりゃあの女性のイメージみたいだ、なんて、ほくそ笑んでしまいそうです。でも、最上級のワインは、マリアージュが大変です。しょぼい料理はワインに負けて足を引っ張り出しますし、主張しすぎる料理なら喧嘩となります。そういうワインは結局、パンとチーズだけで飲むことになりがちです。

さて、ここで、ワイン通の皆様のために、簡単なクイズです。このエチケット、ワインの銘柄は何でしょう。

Conti

見事わかられた方は、ぜひ一本持って、ブライダル茅ヶ崎へ遊びにおいで下さい。パンとチーズを用意しておきますので、みんなで楽しく飲みましょう。貴重なワインの御提供ありがとうございます。

という、すべりがちな冗談で、ブログ開設記念の御挨拶とさせていただきます。

茅ヶ崎のハワイアンポップスバンド、レンダースの曲をBGMに、またお会いしましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (2)